Radeon ProRender

System

システム

System (システム) 設定はレンダリングに使用するハードウェアを選択するレンダリングモードなど基本的なレンダリング動作を制御しています。

AMDのRadeon ProRenderでは、システムの設定は最終レンダリング用とプレビュー用で個別に定義されます。(ビューポートレンダーとサムネイル画像)。ビューポートのレンダリングとサムネイルの場合、通常は低品質の設定、または画像の再計算を高速化する設定を選択します。

システム設定の範囲を選択するには、 Preferences for リストから必要なオプションを選択します。

Final Render or Viewport and Thumbnail/最終レンダー またはビューポートとサムネイル

AMD Radeon ProRenderのシステム設定は次のとおりです。

Radeon ProRenderについて

About Radeon ProRender セクションでは、現在インストールされているAMDのRadeon ProRenderプラグインのバージョンやダウンロードページ、ドキュメント、およびコミュニティなどの便利なリソースへのリンクへについての情報を見つけることができます。

Render Setup/レンダーセットアップ

Render Setup 設定は、本番とビューポートのレンダリングに使用されるハードウェアを定義するために使用されています。 AMD Radeon ProRenderは、GPUおよびCPUデバイスをサポートしています。

インストール中に、AMD Radeon ProRenderはハードウェアチェックを実行して、OpenCLをサポートするGPUを検出します。そのようなGPUが検出された場合、最初のGPUカードがデフォルトのレンダリングデバイスとして設定されます。 OpenCL準拠のGPUが検出されない場合、AMD Radeon ProRenderはデフォルトでCPUレンダリングになります。

使用するレンダーデバイスのタイプを変更できます。選択できるオプションは次のとおりです

  • CPUのみ。レンダリングに使用するスレッド(論理プロセッサ)の数を指定できます。これは、レンダリングプロセス中に他のアプリケーションで一定数のスレッドを使用可能にしたい場合に特に便利です。スレッド数を設定するには、スレッド数を選択し、 Override Thread Count オプションを「必要な値を指定します CPUスレッド数」 フィールドに。
  • GPUのみ。 1つまたは複数のGPUを使用できます。
  • CPU + GPU。 CPUとGPUデバイスを同時に使用できます。

注釈

可能であれば、レンダリングを高速化するため、レンダリングにはGPUデバイスを選択します。 OpenCL準拠のGPUが利用できない場合は、CPUレンダリングを使用します。 CPU + GPUレンダリングは、各コンポーネントの相対的なパフォーマンスに応じて、高速または低速になります。

Other Settings for the Final Render/最終レンダリングに関する設定

Other Settings セクションでは、最終レンダリングに関するその他のレンダリング設定を制御します。

Samples per Update/サンプル更新頻度

Samples per Update パラメータは、プロダクションレンダリング中にイメージが更新される頻度を制御します。更新の頻度は、ピクセルサンプルを計算するために行われた反復回数で測定されます。

デフォルトでは、出力は10回の反復ごとに更新されます。この値を大きくすると、更新の頻度は少なくなりますが、レンダリングプロセスが著しく高速化されます。画像がレンダリングされるときにあまりフィードバックを必要としない場合は、この値を高く設定します。

Tile Render Enabled/タイルレンダリングの有効化

デフォルトでは、AMD Radeon ProRenderは画像のすべてのピクセルを同時にレンダリングして、色を計算します。画像が表示されると、最初は粒子が粗くノイズが多く表示され、レンダラーがより多くの反復を実行し、より多くのサンプルが計算されるにつれて徐々に改善されます。このアプローチはより多くのメモリとCPUリソースを必要としますが、画像全体を可能な限り高速にプレビューし、変更が必要な場合に早期にレンダリングプロセスを中断することができます。

画像全体をレンダリングする代わりに、タイルで画像をレンダリングすることを選択できます。タイルレンダリングでは、メモリとCPUリソースをそれほど使用せずに、より高い解像度のレンダリングが可能です。

ピクセル単位のタイルのサイズは、Tile X (水平タイルサイズ)および Tile Y (垂直タイルサイズ)パラメーターを使用して記述されます。

注釈

タイルレンダリングが有効な場合 time limit は適用できません。すべてのタイルがレンダリングされると、イメージレンダリングプロセスが完了します。

通常のレンダリング

タイルレンダリング

上記のシーンをダウンロード (mb.zip)

Other Settings for Viewport and Thumbnail/ビューポートとサムネイルのための設定

Other Settings はレンダリングその他のセクションのコントロールビューポートのためのレンダリングとサムネイルプレビューを設定します。これらの設定を変更しても、現在アクティブなビューポートには影響しません。新しい値で画像をプレビューするには、ビューポートを再度開く必要があります。

Thumbnail Iterations Count/サムネイル反復カウント

Thumbnail Iterations Count パラメータは、ハイパーシェードにおけるマテリアルプレビュー用のピクセルあたりのサンプル数を制御します。

Thumbnail iterations count: 1

Thumbnail iterations count: 5

Thumbnail iterations count: 50

Render Mode/レンダリングモード

このパラメータは、ビューポートで使用されるレンダリングモードを指定します。

詳細については、 Viewport Render のドキュメントのセクションを参照してください。

Max Ray Depth/最大光線深度

デフォルトでは、AMD Radeon ProRenderは、 Max Ray Depth, Max Diffuse Ray Depth, MaxReflection Ray Depth について、ビューポートと最終レンダリングに同じ値を使用しています。必要に応じて、ビューポートレンダリングでカスタム値を設定できます(通常は低品質)。

max depth settings(最大光線深度)設定の詳細については Quality セクションを参照してください。

Viewport Motion Blur/ビューポートモーションブラー

このパラメータは、ビューポートへのレンダリング時にモーションブラーを使用するかどうかを定義します。

AMD Radeon ProRenderで設定する方法の詳細については Motion Blur のセクションを参照してください。