Radeon ProRender

Exporting and Importing Materials

マテリアルのエクスポートとインポート

AMD Radeon ProRenderでは、RPR素材をXMLファイルにエクスポートしたり、XMLファイルからRPR素材をインポートしたりできます。この主法は、異なるシーン間でマテリアルを移動する必要がある場合、または将来のプロジェクトのためにマテリアルを保持したい場合に時間を節約するのに役立ちます。

Exporting Materials/マテリアルのエクスポート

エクスポートの結果、各マテリアルは、マテリアル名とともに個別のXMLファイルとして保存されます。このファイルは、マテリアルノードネットワーク、パラメータ値、および使用されている場合はテクスチャファイルへのパスを記述します。

選択したRPRマテリアルをXMLファイルにエクスポートするには。

  1. AMD Radeon ProRenderがMayaのアクティブレンダリングエンジンとして設定されていることを確認します。

    詳細については、こちらを参照してください Switching to Radeon ProRender for Maya

  2. ハイパーシェードを開きます。

  3. ハイパーシェードブラウザで、 Materials タブを開き、エクスポートするマテリアルを選択します。

  4. メインメニューで、 Radeon ProRender > Export > Export Selected Materials to XML を選択します。

  5. Find Directory ウィンドウで、マテリアルを保存するフォルダーへのパスを指定します。

シーンで使用されるすべてのマテリアルをエクスポートするには。

  1. AMD Radeon ProRenderがMayaのアクティブレンダリングエンジンとして設定されていることを確認します。

    詳細については、こちらを参照してください Switching to Radeon ProRender for Maya

  2. メインメニューで、 Radeon ProRender > Export > Export All Materials to XML を選択します。

  3. Find Directory ウィンドウでマテリアルを保存するフォルダーへのパスを指定します。

Importing Materials/材料をインポート

XMLファイルからマテリアルをインポートするには。

  1. のRadeon ProRenderはMayaのアクティブレンダリングエンジンとして設定されていることを確認してください。

    詳細については、こちらを参照してください Switching to Radeon ProRender for Maya

  2. メインメニューで、 Radeon ProRender > Import > Import XML Material を選択します。

  3. Open ウィンドウで、素材を説明するXMLファイルへのパスを指定します。

  4. ハイパーシェードを開き、ハイパーシェードブラウザーのマテリアルタブでマテリアルが利用可能であることを確認します。

  5. マテリアルがテクスチャを使用している場合、ハイパーシェードブラウザーで Textures タブを開き、テクスチャが正しくインポートされていることを確認します。