Radeon ProRender

Local Weighted Regression

ローカル加重回帰

ローカル加重回帰フィルターはローカル回帰モデルに基づいてノイズ除去するフィルターです。ノイズ除去は、小さい(ローカルの)ウィンドウ内でのピクセル係数を取得して、ピクセルの色を再構築することによって行われます。コントラストのあるエッジを保持するために、帯域(bandwidth)パラメータが使用されます。

No denoiser

Samples: 4, Radius: 4, Bandwidth: 0.2

Samples: 4, Radius: 4, Bandwidth: 0.5

上記のシーンをダウンロード (mb.zip)

Samples/サンプル

Samples パラメータにより各ピクセルの色を決めるためのサンプル数(反復回数)が定義されます。値が大きいほど結果は良くなりますが、ノイズ除去に時間がかかります。

Fliter Radius/フィルタ半径

Filter Radius パラメータは、同様の隣接画素が発見される内の領域またはウィンドウを制御します。このパラメータは、ピクセル単位で面積半径を定義し、1〜10の値をサポートしています。値が大きいほど、ピクセルカラーを決めるためのサンプリング面積が広くなります。結果は良くなりますが、より多くのリソースと時間が必要になります。

Bandwidth/帯域

Bandwidth パラメータは、フィルタの帯域幅を制御、即ちどのくらいのデータ量をピクセルの色を計算するために利用するか、に用います。値が小さいほどノイズは少なくなりますが、画像の詳細が失われる可能性があります。