Radeon ProRender

Final Render

最終レンダリング

物理ベースのレンダリングの最終目標は、リアルで完全な品質の画像を作成することです。

AMD Radeon ProRenderでは、final renderはBlender Renderウィンドウに実装されます。 開いてレンダリングを開始するには、標準のBlenderメニューまたはホットキー(F12またはCtrl + F12).

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Render Quality/レンダリング品質

終レンダリングの品質は、 QualitySampling の設定を使用して調整できます。 これらの設定の詳細な説明と、それらが最終出力に与える影響については、ドキュメントの対応するセクションを参照してください。

Color Management/カラーマネジメント

レンダー出力の色管理は、Blenderの設定を使用して行われます。 詳細については、 Blender documentation on color management のドキュメントを参照してください。

Render Output/レンダリング出力

レンダリング出力を制御するために、AMD Radeon ProRenderは、寸法、立体視、出力などのネイティブBlender出力設定をサポートしています。 詳細については、 Blender documentation on output options を参照してください。

Render Passes/レンダーパス

出力画像とともに、合成用の追加の出力をレンダリングできます。 詳細については、 Render Passes を参照してください。

Render Stamp/レンダリングスタンプ

オプションで、出力画像にレンダリングスタンプを表示できます。 レンダースタンプの有効化とそれに含まれる詳細については、 Render Stamp を参照してください。

Render Progress/レンダリングの進捗

レンダリングの進行状況に関する情報は、Blender Renderウィンドウのステータスバーに表示されます。 進行状況の詳細には、フレーム番号、最新出力の合計経過時間、合計経過時間(エクスポートおよびレンダリング時間を含む)、シーンおよびビューレイヤー、経過レンダリング時間、画像に対して計算されたサンプル数(またはタイルレンダリングのタイルごと)が含まれます。

レンダリングが完了すると、ステータスバーに、フレーム番号、合計経過時間、平均および最大メモリ使用量に関する詳細が表示されます。