Radeon ProRender

Viewport Render

ビューポートレンダリング

ビューポートレンダーは、静止シーンのクイックレンダープレビューまたはアニメーションの大まかなコピーを提供します。 最終的なレンダリングを行って表示されるのを待つことなく、予想される出力の近似値を提供します。

レンダープレビューモードでは、シーンをインタラクティブに制御でき、オブジェクト、ライト、カメラの操作、マテリアルの設定、変更が行われたときのリアルタイム更新の追跡が可能です。

上記のシーンをダウンロード (.blend)

ビューポートでレンダリングモードに切り替えるには、標準のBlenderメニューとホットキーを使用します(Zを押して[Rendered ]を選択するか、Z + 8を押します)。

Viewport Quality and Preview Sampling/ビューポートの品質とプレビューのサンプリング

プレビューモードでのレンダリングは、低品質の画像から開始され、新しいサンプルが追加されるとそれを調整します。 レンダリングの進行状況、サンプル数、経過時間に関する詳細は、ビューポートの左上隅に表示されます。 シーンに新しい変更が加えられるたびに、レンダリングプロセスが新たに開始されます。

全体的な応答性を改善し、ビューポートでのシーンの更新時間を短縮するには、 QualityViewport Sampling 設定を調整します。複雑なシーンの場合、一般的にレンダープレビューに必要な詳細レベルが低いため、より優れたインタラクティブ性を実現するのに役立ちます。

Look Dev Mode/Look Devモード

マテリアルの外観と外観を作成するには、ビューポートでLook Devモードを使用できます。 デフォルトでは、このモードではシーンはBlenderのスタジオライトで照らされますが、シーンのネイティブ環境と光源は無効になり、ビューポートの応答性を高め、シーンをより速くレンダリングします。

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Render Modes/レンダリングモード

AMD Radeon ProRenderは、ビューポートで一連のレンダリングモードをサポートします。これは、合成のパスに相当します。 レンダリングモードはシーンの微調整、または診断ツールとしてシーンのさまざまな側面を調べるのに役立ちます。

ビューポートでレンダリングモードを切り替えるには、ビューポートの左上隅で RPR > Render Mode をクリックし、必要なオプションを選択します。

次のレンダリングモードが利用可能です。

Global Illumination/グローバルイルミネーション

Global illumination は、シーン全体を完全な照明(直接および間接)でレンダリングするデフォルトの‘beauty’ レンダリングモードです。 このモードはあらゆるタイプの反射、コースティクス、シャドウを最も正確にシミュレートしますが、多くの時間と計算を要します。

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Direct Illumination/直接照明

このモードでは、シーンは影付きでレンダリングされますが、グローバルイルミネーション(間接照明)はありません。シーン内のオブジェクトはアクティブな光源のみで照らされており、「harsher/より粗い」レンダリングが可能です。 表面から表面への反射光は考慮されません。

Direct Illumination No Shadows/影なしの直接照明

このモードには、オブジェクトによって投影される影やセミシャドウなしの直接照明のみが含まれます。

Wireframe/ワイヤーフレーム

このモードは、シーン内のメッシュのワイヤフレームを表示します。

Material Index/材料指数

このモードは、ポストワーク処理を容易にするために、シーン内のマテリアルを隣接しない色でレンダリングします。 インデックスが類似したマテリアルは同じ色を使用します。

World Position/ワールドポジション

このモードでは、RGBカラー値は3Dワールド空間のXYZ座標に対応します。 シーン内のオブジェクトは、ワールド座標系での位置に応じて色付けされます。

Shading Normal/シェーディングノーマル

このモードは、シェーディングに使うネイティブ法線と同等の表面法線をレンダリングします。

Texture Coordinate/テクスチャ座標

このモードでは、色の値はテクスチャUV座標に対応します。(Uは赤、Vは緑)。

Ambient Occlusion/アンビエントオクルージョン

このモードはテクスチャなしでシーンをレンダリングし、シーン内のオブジェクトの相互反射間の相互作用をエミュレートします。 グローバルイルミネーションが常にキャッチするとは限らない接触シャドウを表示するために使用されます。

Diffuse/拡散

このモードは、照明効果のない鈍いマテリアルサーフェスのみを示すテクスチャでシーンをレンダリングします。

Limitations/制限事項

ビューポートレンダーには次の制限があります。

  • タイルレンダリングはサポートされていません。
  • 粒子と煙のアニメーションはサポートされていません。
  • モーションブラーエフェクトは、ビューポートでは使用できない前および次のフレームの計算を必要とするため、表示されません。