Radeon ProRender

Tone Mapping

トーンマッピング

トーンマッピングは、画像処理およびコンピューターグラフィックスで使用される手法であり、ある色のセットを別の色にマッピングして、ダイナミックレンジがより制限されているメディアのHDR画像の外観に近づけます。(詳細については、 Tone Mapping) を参照)。

Tone Mapping Operators (トーンマッピング演算子)

AMD Radeon ProRenderは、いくつかのトーンマッピング演算子をサポートしています。

Linear/リニア

リニア/Linear 演算子を使用すると、 Scale/スケール値 を増減してシーンの明るさを調整できます。

トーンマッピングなし

Scale: 0.5

Scale: 1.5

Photolinear/フォトリニア

Photolinear/フォトリ ニア演算子は、実際のカメラ設定に基づいています。

  • Sensitivity 感度) は、画像に入射する光の量を表します。
  • Exposure (露出) は、光を入れるためにシャッターが開いている時間を制御します。
  • F-stop は、通常のカメラ設定に従う開口幅です値が小さいほど、開口が広くなり、より多くの光がフィルムに透過します。

トーンマッピングなし

Sensitivity: 0.4, Exposure: 0.9, Fstop: 8

Sensitivity: 1, Exposure: 0.9, Fstop: 8

Autolinear/オートリニア

Autolinear/オートリ ニア演算子は、デフォルトのカメラ特性と画像の平均輝度を使用する写真トーンマッパーです。

トーンマッピングなし

Autolinear tone mapping

Max White/マックスホワイト

Max White/マックスホワイト 演算子は、画像内の最も明るいピクセルを決定し、それを白に設定します。 画像内の残りのピクセルは、この最も明るいピクセルに合わせて拡大縮小されます。この演算子は、コントラストが制限された画像で最高のパフォーマンスを発揮します。画像に非常に明るい領域がある場合、残りの領域は非常に暗く、または黒く見えます。

トーンマッピングなし

Max White tone mapping

Reinhard02

Reinhard02 演算子は、写真で使用されるトーンマッピング技術に基づいて、現実世界の照明の高ダイナミックレンジを画面に適合させることを目的としています。

  • Pre Scale (プレスケール) は、影などの暗い領域の明るさに影響します。
  • Post Scale (ポストスケール) は、トーンマッピングされた後の画像の最終的な明るさを制御します。
  • Burn (バーン) は、暗い領域に基づいて画像のハイライトの明るさを調整するために使用されます。

トーンマッピングなし

Pre Scale: 0.1, Post Scale: 8, Burn: 30

Pre Scale: 2, Post Scale: 1, Burn: 30

Display and Texture Gamma/ディスプレイ及びテクスチャガンマ

これらのパラメーターを使用すると、ガンマ補正の量を制御できます。

Display Gamma/ディスプレイガンマ パラメーターを使用すると、出力画像のガンマ補正を適用して、モニターに正しく表示できます。デフォルトのガンマ補正値は2.2です。値1は、ガンマが修正されないことを意味します。

Gamma: 0.45

Gamma: 1.0

Gamma: 2.2

Texture Gamma/テクスチャガンマ パラメータは、既にガンマ補正が事前に適用されているテクスチャのガンマ値を補正するために使用されます。この場合、ガンマの逆数をテクスチャガンマ値として使用して、シェーディングの前にテクスチャのガンマを解除し、最終レンダリングで白っぽく見えないようにすることができます。

このパラメータは、シーン内のすべてのテクスチャに適用されます。値1は、ガンマがテクスチャに対して修正されないことを意味します(テクスチャは線形色空間にあります)。

Gamma: 0.45

Gamma: 1.0

Gamma: 2.2

注釈

レンダー出力を保存するときに、ディスプレイとテクスチャのガンマ値を適用するか(カラーマネジメントを適用して出力を保存する)、またはrawの出力を保存するかを選択できます。

Apply Gamma to Maya Views/マヤ・ビューにガンマを適用する

Apply Gammma to Maya Views パラメータは、レンダリング設定で色を変換するためにガンマ設定を適用するかどうかを制御します。このオプションを有効にした状態で、 View TransformRaw に設定するか、無効にすることをお勧めします。そうでない場合、色は2回変換され(Radeon ProRender及びMayaによって)、正しく表示されません。

以下の2つの画像を比較してください。最初の画像には2.2のガンマが1回適用され、2番目の画像には同じガンマ値が2回適用されます。

Gamma: 2.2

Gamma: 4.4

バッチレンダーで作成された出力にカラーマネジメント設定を適用するには、常にこのオプションを有効にします。このオプションを無効にすると、バッチレンダーはRawの画像を出力します(カラーマネジメントは適用されません)。

White Balance/ホワイトバランス

White Balance/ホワイトバランス パラメーターは、デジタルカメラの基本設定に従い、画像内の光の色温度を設定できます。サポートされる値は、1000(冷たい青の色合い)から12000(暖かい赤の色合い)です。 6500の値は、白色点と見なされます。

White balance: 3500

White balance: 6500

White balance: 9500