Radeon ProRender

Bilateral Filter

バイラテラルフィルター

Bilateralは、シャープなエッジを維持しながら、隣接するピクセルをブレンドするノイズ低減フィルターです。

フィルターは、各ピクセルを隣接ピクセルの加重平均で置き換えることにより機能します。 加重平均は、ピクセルカラーの類似性、空間的近接性、法線の違い、オブジェクトID値などのいくつかの要因に基づいて計算されます。 これにより、同様のピクセルのみが結果の色に寄与し、オブジェクトの輪郭をぼかすことなく高品質のスムージングを実現できます。

バイラテラルフィルターは、時間と計算リソースの点で最もリソースを消費しないノイズ除去フィルターです。

No denoiser

Radius: 1, color sigma: 0.75

Radius: 2, color sigma: 0.75

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Radius/半径

Radius パラメーターは、同様の隣接ピクセルが検出される領域を制御します。

このパラメーターは、エリアの半径をピクセル単位で定義し、1〜50の値をサポートします。値が大きいほど、ピクセル比較エリアが広くなります。

Color Sigma/カラーシグマ

Color Sigma パラメーターは、ピクセルとその近傍の色の違いを検出するためのしきい値を定義します。

このパラメーターは0〜1の値をサポートします。値が小さいほど、ピクセルは非常に似た色にブレンドされ、エッジはよりよく保持されますが、ノイズアーティファクトは多く保持されます。 値を大きくすると色の違いが大きくなり、ノイズ除去が強制されますが、エッジが滑らかになり、色がにじみます.

Normal Sigma/常のシグマ

Normal Sigma パラメーターは、表面法線間の差を検出するためのしきい値を定義します。

このパラメーターは0〜1の値をサポートします。値を小さくすると、メッシュの不規則性がより適切に検出され、コーナーやエッジなどの困難な領域でジオメトリの詳細が保持されます。 値が大きいほど差は大きくなりますが、細かいジオメトリの詳細が破壊される可能性があります。

Position Sigma/位置シグマ

Position Sigma パラメーターは、ピクセル間の空間差を検出するためのしきい値を定義し、半径値を微調整するために使用できます。

このパラメーターは0〜1の値をサポートします。値が小さい場合、近接したピクセルのみが考慮されます。 値を大きくすると、同様のピクセルが見つかる領域が広がりますが、ノイズ除去は遅くなります。

ID Sigma/シグマ

ID Sigma ラメーターは、オブジェクトIDの違いを検出するためのしきい値を定義します。 AMD Radeon ProRenderのオブジェクトに設定された内部ID値に基づいてメッシュサーフェスを区別するのに役立ちます。

このパラメーターは、0〜1の値をサポートします。