Radeon ProRender

Debug

デバッグ

レンダリングデバッグパネルでは、ログの詳細レベルを選択したり診断のトレースを有効にしたり、匿名のレンダリング統計の収集を制御したりできます。

Logging/ロギング

AMD Radeon ProRenderを使用すると、Blenderシステムコンソールとディスク上のrprblender.logファイルにメッセージが出力されます。 ログファイルはプラグインファイルが存在するのと同じディレクトリにあり、新しいBlenderセッションのたびに(Blenderを開くたびに)クリアされます。

ログの詳細を調べて、レンダリングされたシーンの問題を特定したり、トラブルシューティングのためにプラグイン開発チームと問題を共有したりできます。

Log Min Level リストで、ログの詳細レベルを選択できます

  • Error/ エラーメッセージのログ記録用
  • Warning/ エラーおよび警告メッセージのログ記録用
  • Info/ エラー、警告、情報メッセージのログ記録用
  • Debug/ デバッグレベルのログ記録用

Diagnostics and Trace/診断とトレース

クラッシュするほど不調な場合は、トレースダンプを有効にしてください。 トレースダンプには個人情報等は保存されませんが、開発者はシーンに存在するデータに基づいてクラッシュが発生した方法と理由を特定することができます。

デフォルトではスペースを節約してパフォーマンスを向上させるために、トレースは有効になっていません。 問題が発生した場合は、次のことをお勧めします:

  1. トレースを有効にする。

    これを行うには、 Trace Dump/ トレースダンプオプションを選択し、必要に応じて、トレースファイルの場所を変更します 。

  2. 問題を再現する。

  3. トレースファイルを見つけて、単一のアーカイブにパックします。

  4. Community forums/コミュニティーフォーラム のバグレポートに記入する。

    バグレポートで、問題を再現するために使用した手順とステップを説明し、トレースファイルを含むアーカイブをレポートに添付します。 コミュニティアカウントを持っていない場合は、作成する必要があることに注意してください。

  5. トレースダンプを無効にします。

Collecting Render Statistics/レンダリング統計の収集

開発チームにプラグインの使用方法を知らせるために、AMD Radeon ProRenderは匿名のレンダリング統計を収集します。 統計は静止シーンのレンダリングを実行するたびに、またはアニメーションシーンでフレームをレンダリングするたびに収集されて送信されます。

収集されたデータには以下が含まれます

  • OSの名前とバージョン、言語、ロケール、タイムゾーン設定などのシステムの詳細
  • CPUやGPUモデル、プロセッサコア数などのハードウェアの詳細
  • プラグインのバージョンや使用されている3Dソフトウェアなどのプラグインの詳細
  • 画像の解像度、レンダーパスのリスト、光源の数、最大光線設定などの出力の詳細

収集された統計には、ユーザーを識別するために使用される可能性のある個人情報や詳細は含まれていません。

データ収集はデフォルトで有効になっています。 データ収集を無効にするには、 Debug/デバッグ パネルの Collect anonymous render statistics/匿名レンダリング統計を収集 オプションをクリアします。