Radeon ProRender

Render Devices

レンダリングデバイス

レンダリングデバイスの設定は、プロダクションおよびビューポートのレンダリングに使用するハードウェアを明確にするために使用されます。 AMD Radeon ProRenderはGPUおよびCPUデバイスをサポートします。

インストール中に、AMD Radeon ProRenderはハードウェアチェックを実行して、OpenCLをサポートするGPUを検出します。 該当するGPUが検出された場合、最初のGPUカードがデフォルトのレンダリングデバイスとして設定されます。OpenCL準拠のGPUが検出されない場合、AMD Radeon ProRenderはデフォルトでCPUレンダリングになります。

使用するレンダーデバイスのタイプを変更できます。 選択できるオプションは次のとおりです

  • CPU only。 レンダリングに使用するスレッド(論理プロセッサ)の数を指定できます。 デフォルトのスレッド数は、利用可能なスレッドの総数に設定されます。 レンダリングプロセス中に他のアプリケーションの残りのスレッドを保持する場合は、この値を減らすことができます。
  • GPU only。 1つまたは複数のGPUを使用できます。
  • CPU + GPU。 CPUとGPUデバイスを同時に使用できます。

注釈

レンダリングを高速化するため、可能な限りレンダリングにGPUデバイスを選択します。 OpenCL準拠のGPUが利用できない場合は、CPUレンダリングを使用します。CPU + GPUレンダリングは、各コンポーネントの相対的なパフォーマンスに応じて、より高速または低速になります。

選択したレンダリングデバイスの選択は、プロダクションレンダリング、ビューポートレンダリング、マテリアルプレビューに適用されます。ビューポートのレンダリングとマテリアルプレビューに別の設定を使用するには、 Separate Viewport & Preview オプションを有効にし、以下のセクションで必要なデバイスを選択します。通常、ビューポートレンダリング、ライト、マテリアルプレビューの場合、低品質の設定、または画像の品質を犠牲にして画像の再計算を高速化する設定を選択します。