Radeon ProRender

IBL

IBL(画像ベースの照明)を使用すると、現実世界の照明の非常にリアルで説得力のあるシミュレーションを簡単に作成できます。 シーン環境として機能する仮想球体に環境マップを投影できます。 投影されたマップは、シーンを照らし、オブジェクトの表面に反射を追加するために使用されます。

AMD Radeon ProRenderでは、色を選択するか、IBLにテクスチャマップを適用できます。

Color/色

デフォルトでは、AMD Radeon ProRenderは環境の背景と放射光としてグレー色を使用し、完全にニュートラルなGI照明を実現します。 任意の色を選択し、 Intensity/ 強度 パラメーターを使用して照明の明るさを調整できます。 明るい色は、暗い色よりも明るいシーンを照らします。

Color: grey

Color: yellow

Color: blue

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Texture/テクスチャ

単一の色を設定する代わりに、バックプレートとしてテクスチャマップを使用できます。 テクスチャマップは、シーンが実際の環境にあるかのように表示される場合に役立ちます。 IBLはマップを適用して、シーン内の光がモデルサーフェスにどのように反射または屈折するかを決定します。

環境テクスチャは、アーティストがシーンのリアリズムを高めることができ、レンダリングが低廉であるため、PBRで特に役立ちます。 たとえば、ソフトリフレクションを偽造するには、設定を調整しすぎることなく環境マップのぼやけたコピーを使用できます。

IBLの場合、EXRまたはHDR形式の球面(360度)画像を使用することをお勧めします。 ただし、AMD Radeon ProRenderは、JPGやBMPなどのLDRイメージもサポートしています。

上記のシーンをダウンロード (.blend)