Radeon ProRender

Common Physical Light Properties

物理ライト共通プロパティ

エリア、スポット、ポイント、指向性ライトには共通のプロパティがいくつかあります。

Enabled/有効

General(一般)のEnabled(有効) パラメータは、光源とこの光源によって生成されるすべての光がシーンに表示されるかどうかを制御します。デフォルトでは、新しく追加されたすべての光源が有効(Enabled)になっています。

Enabled: on

Enabled: off

上記のシーンをダウンロード (.zipファイル)

Intensity/強度

Intensity パラメータを使用すると、光の強度値や単位、色を実世界の照明に一致するように正確に設定することができます。

Light Intensity/光強度

Light Intensity パラメータは、指定された強度単位での照明の強度を制御します。この パラメータは、光源の全体的な明るさを表し、0以上の値を設定できます(0は光がないことを表します)。

Light intensity: 10

Light intensity: 50

Light intensity: 100

上記のシーンをダウンロード (mb.zip)

Intensity Units/強度単位

Intensity Units は光強度を設定するために使用される単位を定義するパラメータです。利用可能な単位は照明の種類によって異なります。

  • ワット(Watts) —光の強度はワットで測定され、照射面の面積に依存しません。
  • ルーメン(Lumen) —光の強度はルーメンで測定され、照射面の面積に依存しません。
  • 放射輝度(Radiance) —光の強度は1平方メートルあたりのワット数で測定され、照射面の面積に依存します。
  • 輝度(Luminance) —光の強度は1平方メートルあたりのルーメンで測定され、照射面の面積に依存します。

Luminous Efficacy/発光効率

Luminous Efficacy(発光効率) パラメータは、光源がどれだけ可視光を生成するかを示し、ワット当たりのルーメンで測定されます。物理学の用語では、これは光源によって生成された光束を入力電力で割ったものです。強度単位がワットまたは放射輝度に設定されている場合、この値を指定する必要があります。

デフォルトの発光効率は17で、これはタングステン白熱電球に対応しています。最大発光効率(MLE)は、ワットあたり683ルーメンです。人間の目が最大の感度を持つ波長である555 nmで発光する理想的な単色光源で実現できます。ただし実際にはMLEを達成することはできません。なぜならばそれは物理放射エネルギーのすべてのワットを損失なしで可視光に変換できることを意味しているからです。

すべての光源は、電力をさまざまな割合で放射エネルギーと熱に変換します。その発光効率はスペクトルに依存します。白熱電球は主に赤外線(IR)を放出し、少量の可視光を出します。蛍光灯および金属ハロゲン化物ランプは、エネルギーの大部分を可視光に変換しますが、IR、UV、および熱も放出します。 LEDはIRまたはUVをほとんどまたはまったく生成せず、熱もほとんど生成しないため、より多くの電力を可視光に変換します。白色LEDは主に人間の目が最大の感度を持つスペクトル領域で発光するため、すべての白色光源の最高の発光効率を達成します、理論上の限界は260〜300 lm / Wの中で最大150 lm / Wとなります。

実際の光源の物理的に正しい値を見つけるには、ウェブ上で利用可能な発光効率テーブルまたは計算機を使用します。

白熱光:17ルーメン/ W

蛍光灯:75ルーメン/ W

LEDライト:100ルーメン/ W

上記のシーンをダウンロード (mb.zip)

Color Mode/カラーモード

Color Mode パラメータは照明の色設定を定義します:カラーピッカーまたは色を定義する温度のいずれか選択することで設定できます。

Color/カラー

Color パラメータは照明のベースの色を制御します。色は強度値で乗算されます:強度値が大きいほど、明るい色になります。

上記のシーンをダウンロード (ma.zip)

Temperature/温度

Temperature パラメータは、色温度をシミュレートします(単位:ケルビン)―これは該当温度に加熱された黒体から放出される可視光の特性を表しています。レンダリングにおいては、温度は放射光の色に色合いを与えます。この色合いは、ベースの色の前に置かれたフィルターと考えることができます。

設定できる値は0〜40000です。値を小さくすると暖色の赤や黄色となり、値を大きくすると青みがかった色合いになります。通常の電球は2700〜5500Kです。

上記のシーンをダウンロード (ma.zip)