Radeon ProRender

Directional Light

指向性ライト

指向性ライトは、太陽のように一方向に平行な光線を発する無限遠の光源をシミュレートします。光源には実際の原点がないため、光線は一定の強度で投光され、光の減衰はありません。

このタイプの光源の唯一の特性はその方向です。シーン内の光源の位置やオブジェクトの配置は無関係であり、影の方向には影響しません。

指向性ライトは、内部または外部のシーン全体の均一な昼光照明に使用できます。

上記のシーンをダウンロード (mb.zip)

指向性ライトの強度は、輝度または放射輝度で測定できます。強度コントロールの詳細については、 Common Physical Light Properties セクションを参照してください。

ライト共通プロパティに加えて、指向性ライトにのみ適用されるカスタムプロパティがあります。 RPRPhysicalLightShape タブの Shadows のセクションに記載されています。

Shadow Softness/影の柔らかさ

Shadows セクションの Softness のパラメーターは、指向性光の影の強度や密度を制御し、0〜1の値を設定できます。値が小さければシャープな暗い影を生じ、大きければソフトエッジな軽い影を生成します。

Shadow softness: 0

Shadow softness: 0.25

Shadow softness: 0.5

上記のシーンをダウンロード (mb.zip)