Radeon ProRender

Overriding Materials

マテリアルの上書き

シーンで作業する場合、オブジェクトをプレーンに見えるマテリアルでレンダリングしたり、クレイレンダリングを行う必要がある場合があります。たとえば、派手なテクスチャやエフェクトに気を取られずにシーンの照明をプレビューして調整したい場合や、モデルのプロトタイプをレンダリングする必要がある場合に必要になることがあります。この場合、シーン内のマテリアルを1つの単純なマテリアルで置き換える(オーバーライドする)ことができます。

Regular shading

Overridden materials

上記のシーンをダウンロード (.blend)

マテリアルオーバーライドは、ビューポートと最終レンダリングの両方で機能し、レンダリング時間を大幅に短縮します。 マテリアルは View Layer ごとにオーバーライドされるため、必要に応じて異なるレイヤーに異なるオーバーライドマテリアルを設定できます。

ビューレイヤー内のオブジェクトのマテリアルをオーバーライドするには

  1. オーバーライドとして使用する基本マテリアルを作成または選択します。

    通常、これは拡散ライトグレーの粘土のような素材です。

  2. レンダリングするビューレイヤーを選択します。

  3. Blender Propertiesエディターで、 View Layer タブに切り替えます。

  4. Override パネルを展開し、 Material Override リストで置換するマテリアルを選択します。

  5. ビューポートでビューレイヤーをレンダリングするか、最終レンダリングを実行します。