Radeon ProRender

Surface Displacement

表面変位

変位は、モデリングに余分な時間を費やすことなく、現実的な表面の詳細を作成するのに役立ちます。は、メッシュの頂点、エッジ、および面の位置を物理的に変更するため、真の表面レリーフおよびシャドウ効果を提供します。

テクスチャマップに基づいてサーフェスジオメトリを移動し、メッシュに詳細を追加するには、 Displacement ノードや Displace modifier など、Blenderで利用可能なネイティブなディスプレイスメントメソッドを使用します。 これらは、 RPR Uber ShaderMaterial Library で作業している場合でも、Blenderノードを使用してマテリアルを構築している場合でも、すべての場合に適用されます。

オブジェクトに滑らかな外観を与えるために、サーフェスジオメトリの変位は十分な数のポリゴンによってサポートされる必要があることに注意してください。

追加のポリゴンは、オブジェクトのサブディビジョン設定を使用して作成できます。 詳細については、ドキュメントの Subdivision セクションを参照してください。