Radeon ProRender

Area Light

エリアライト

Area light は、物理的なサイズと形状を持つ表面のようなエミッターをシミュレートします。 光線は表面のすべてのポイントから来て、非常にリアルで高品質の照明効果とソフトシャドウを作成します。 エリアライトの例としては、スタジオのソフトボックス、テレビ画面、LED壁、ネオンなどがあります。

多くのアーティストは点光源または指向性光源の使用に慣れていますが、現実の世界では、光源には物理的な領域があり、結果としてソフトシャドウが生じます。 ほとんどの照明の場合は、エリアライトの使用を検討してください。

上記のシーンをダウンロード (.blend)

エリアライトの強度は、ワット、ルーメン、放射輝度、および輝度で測定できます。 グループ、色、強度のコントロールの詳細については、 Common Light Properties セクションを参照してください。

一般的なライトプロパティに加えて、エリアライトにのみ適用されるカスタムプロパティもあります。

Shape and Size/形状とサイズ

Shape and size において、エリアライトは他のライトタイプよりも柔軟性と芸術的な制御を提供します。 エリアライトには多くのシェイプがあります。 形状ごとに、シーン単位でカスタム寸法を指定できます。

  • Square は、 Size パラメーターで設定された寸法で2Dの正方形の光源をシミュレートします。
  • Rectangle は、 Size X および Size Y パラメーターで設定された寸法で2D長方形光源をシミュレートします。
  • Disk は、 Size パラメーターで設定された直径の2D円形光源をシミュレートします。
  • Ellipse は、直径が Size X および Size Y パラメーターで設定された2D楕円形の光源をシミュレートします。

ちなみに

エリアライトの寸法を設定するには、ライトパネルで使用可能なサイズパラメータ、またはビューポートで直接エリアライトのサイズを変更できるハンドルなどの標準的なBlenderスケーリングツールの両方を使用できます。

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Visible/可視性

Visible パラメーターは、カメラの光源の可視性を制御します。 表示されている場合、光源は最終レンダリングに表示されます。

このオプションを有効または無効にしても、シーンの照明には影響しません。

Visible: on

Visible: off

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Cast Shadows/影を作る

Cast Shadows パラメータは、光源が他の光から影を落とすかどうかを制御します。 このオプションを有効または無効にしても、ライト自体の照明には影響しません。

Cast shadows: off

Cast shadows: on

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Motion Blur/モーションブラー

AMD Radeon ProRenderでは、他のオブジェクトと同様に、可視エリアライトをアニメーション化できます。 モーションブラーオプションは、移動する光源にモーションブラーを追加するかどうかを制御します。 AMD Radeon PRoRenderでモーションブラーエフェクトを追加する方法の詳細については、 Motion Blur セクションを参照してください。

Motion blur: off

Motion blur: on

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Light Texture/光テクスチャ

平らで均一な色を出す代わりに、テクスチャを使用するようにエリアライトを構成できます。 エリアライトに割り当てられたテクスチャは、放出されるライトの色と強度に影響を与え、重要な照明効果を作成するのに役立ちます。

Light with no texture

Light with texture

上記のシーンをダウンロード (.blend)