Radeon ProRender

Point Light

ポイントライト

Point light は全方向の光源で、すべての方向に同じ量の光を放出し、ハードシャドウを生成します。 ポイントライトは、空間内の無限に小さなポイントを表し、たとえば、シーンを均一に照らす電球や星をシミュレートするための最も単純なライトモデルとして使用できます。 Blenderでは、ポイントライトは小さな球体または点として視覚化されます。

点光の強度は、ワットまたはルーメンで測定できます。 ポイントライトのグループ、色、強度のコントロールの詳細については、 Common Light Properties セクションを参照してください。

Light Texture/ライトテクスチャ

平らで均一な色を出す代わりに、テクスチャを使用するようにポイントライトを構成できます。 テクスチャはポイントライトに割り当てられ、放出されるライトの色と強度に影響を与え、さまざまな照明効果の作成に役立ちます。

このタイプの光源はすべての方向に光を放射するため、EXRやHDRマップなどのテクスチャとして球形(360度)の画像を使用する場合があります。

上記のシーンをダウンロード (.blend)