Radeon ProRender

Portal Light

ポータルライト

ポータルは、内部シーンの環境照明をガイドすることを目的としています。 通常、窓、ドア、または他の比較的小さな開口部に配置されたポータルは、外部環境から囲まれたシーンに光を投げます。

ポータルは仮想ウィンドウとして機能し、アーティストはシーン全体に光を当てるのではなく、環境光が来る正確なポイントを指定できます。 環境光をより効率的にサンプリングすることにより、ポータルは必要なピクセルあたりのサンプル数を減らしてノイズの量を減らすことができます。

上記のシーンをダウンロード (.blend)

ポータルは一方向にのみ光を通過させるため、部屋に光を当てるウィンドウと同様に、ジオメトリの法線は内側(内部シーンの方向)に向く必要があります。 そうしないと、ポータルライトが適切にレンダリングされません。

ポータルは、環境光(IBLまたはSun&Sky)の照明色をサンプリングします。 ポータルライトの強度およびその他のパラメーターは、環境照明設定を使用して調整できます。 詳細については、ドキュメントの Environment Settings ポータルライトの強度およびその他のパラメーターは、環境照明設定を使用して調整できます。

IBL portal light

Sun & Sky portal light

上記のシーンをダウンロード (.blend)

Adding Portal Light/ポータルライトの追加

ポータルは通常、平面オブジェクトですが、任意のジオメトリを使用することもできます。 オブジェクトをポータルに変えるには

  1. AMD Radeon ProRenderがBlenderのアクティブなレンダリングエンジンとして設定されていることを確認します。

    詳細については、 Switching to Radeon ProRender for Blender を参照してください。

  2. シーンで必要なオブジェクトを選択します。

  3. Blender Propertiesエディターで Object タブに切り替えてオブジェクト設定にアクセスします。

  4. RPR Settings パネルを展開し、 Portal Light オプションを有効にします。

  5. 光をシーンに入れる窓または別の開口部をポータルで覆います。

  6. 必要に応じて、ポータルの環境照明設定を調整します。